ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
「〈神様〉の電話」石川喬司
作家・評論家
「こんなアイデアが浮かんだけど、どうもどこかで読んだような気がするんだよ。ちょっと聞いてくれないか」
 深夜に星さんから電話が掛かってきたのは、前人未到のショート・ショート1000篇達成のゴールが間近に迫った頃だった。
 私は緊張して〈神様〉が走り書きしたらしいメモを読み上げる声に耳を澄ませた。
 たしかに〈神様〉が言うとおり、どこかで読んだような気がする。やがてハッと気が付いた。
「なんだ、星さん自身が昔書いた作品じゃないですか。かつがないでくださいよ」
「ははは、バレたか。それじゃあ、お休み!」

 その電話を思い出すたびに、常に独創を貫き安易な二番煎じを禁じた先達の茨の道が浮かぶ。その道を星さんはスマートな高級車のように走り抜けた。深夜の電話はそうした緊張のお茶目な息抜き遊びだったのだろう。

 しかしスランプの時期がなかったわけではない。そんなとき、星さんに気分転換のために時代小説の執筆を奨めたことがある。『殿さまの日』『城のなかの人』などの数篇がそのときの産物だが、それらの作品には『ノックの音が』などと同じ大きな共通点があることにお気づきだろうか。
 それは――〈主人公がきわめて出不精でほとんど動かない〉ということである。そうした主人公の典型ともいうべき「お殿様」という存在を見つけたことで、星時代小説のユニークさは保証されたのだった。

 私生活における星さんのユニークな当意即妙ぶりを物語るエピソードは数知れないが、ここではその一つを紹介して結びとしよう。
『四つのお願い』という歌謡曲が大流行していたとき、酒席で星さんはそれをもじって、こう歌いだした。もちろんその場での思いつきである。
 ♪五つのお願い聞いてよね 一つ、岩波文庫に入れてね。二つ、岩田専太郎に挿絵をお願い。三つ、天皇陛下と対談させて。四つ、品川区の区会議員に立候補してみたい。五つ、象にセーラー服を着せて愛してみたい‥‥。
 やはり星さんは〈神様〉だった。


2010年8月

バックナンバー
俵 万智
かんべむさし
堀 晃
小梶勝男
草上 仁

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松良明森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2017 The Hoshi Library