ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
星一良「新一さんとおもちゃ」

星新一の甥・石油地質屋
 子供のころ、父・協一(星新一の弟)に連れられて新一さんの家に行って遊ばせてもらうのが楽しみでした。 東京タワーの真向かいのアパートでは、行く度に新一さんの双眼鏡で東京タワーの展望台を眺めさせてもらいどきどきしたものでした。

 新一さんが戸越に引っ越してからは、ピストルのおもちゃが私のあこがれでした。 黒いリボルバーピストルのおもちゃで、多分アメリカ製の、火薬を入れて引き金を引くと銃口から大きな音と火が出るものでした。 父と私と新一さんで「穴が開くかもしれない」と障子に試したら穴が開き、小学生の私は叔母にしかられないかと心配したように記憶しているのですが、これは私の記憶の中で現実と夢がごっちゃになっているのかもしれません。

 私がいつもうっとり見るせいか、あるいは元から私の為に買っておいてくれていたのか、ある日新一さんは私にそのピストルをくれると言ってくれました。 私は飛び上がる程うれしく、脇にいた父も「良かったね」と言ってくれたのですが、子供心にこんな危ない大人向けのおもちゃをもらって帰ったら母にしかられると思い、いらないと断ってしまいました。 きっと私が喜ぶと思っていた新一さんは残念そうにしていました。 私も「あの時もらっておけば」とその後何度思い出したことか、特に中学生のころにはモデルガンが流行し、新一さんのかっこいいピストルを思い起こしたものでした。

 中学校に入るころに父の机にあった『妄想銀行』を読んでからはすっかり新一さんの作品のファンとなり、新一さんのおもちゃより書斎に興味が移りました。 読者として次回作の原稿を読みたく書斎に忍び込んでみたものの、原稿用紙ではなくメモ用紙に小さな字で何やらびっしり書いてあり、何とか読んでやろうと試みましたが、独特の字で判読できませんでした。

 大学生のころには私は筒井康隆先生の小説に夢中になり、何かの折にその話になった際、新一さんは「そういう読者が多いんだよ。筒井さんは荒唐無稽な作品を書いているけど、本人は礼儀正しくまじめな男なんだよ」と話していました。 新一さんの告別式で筒井康隆先生から弔辞をいただいたのですが、その内容は新一さんの話のとおり、友情にあふれ権威に妥協せずまさに男伊達というべき、ありがたいものでした。

 社会人になってからロバート・シェクリイというアメリカの短編SF作家のファンになり、一度新一さんにシェクリイをどう思うか聞いたところ「オレは1000編書いたんだ」と言っていたことを思い出します。

 それにしてもあのピストル、もらっておけば良かったと未だに未練が残っています。


2016年4月

バックナンバー
俵 万智
かんべむさし井口健二
堀 晃小野純一
小梶勝男高梨通夫
草上 仁佐藤 実

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松良明森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2017 The Hoshi Library