ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
林 敏夫「星新一氏とエヌ氏の会」
エヌ氏の会・会長
 星新一作品を初めて読んだのは、海外SF全盛期の1960年代長い翻訳小説が好まれていた時代でした。その中にあって、星作品は短く分かりやすい小説だったため、子供の読み物としてあつかわれた。翻訳SFファンは横行闊歩で大きな顔、星新一ファンは少数派で肩身の狭い思いをしていた。

 星新一ファンを求めて、星氏に許可なく、小冊子で個人誌「星新一語録」(1973年3月発行)を作り、SF大会で売りました。そうしたら予想以上に売れ、星新一ファンの多さを実感した。

 それに気を良くして、星作品研究の小冊子を4年間で五冊作り、星氏に送りました。許可無く無断で作ったにもかかわらず、送るたびに誌代と一緒にあたたかい励ましのお手紙が届きました。
 そして、SF大会で多くの星新一ファンと知り合い、星新一ファンクラブ「エヌ氏の会」を作りました。(1975年会組織化)

 大阪・梅田阪急三番街{星の広場}にて、森 輝美、林 敏夫の両氏による最初の会合が行われた。

森「三年後に星コンを開きたいですね」
林「それまで会が、続いているでしょうか?」
森「せめて、三年間は続けましょうよ」
1974年、まだ寒さが残る春のことでした。

 それから四年後の1978年。星新一氏を主賓に迎え「第1回星コン」が開催された。星コンは、1991年「第10回最後の星コン」まで続いた。星新一氏には、星コンすべてにご参加ご協力をしていただきました。夕食会席上では、スピーチと新作・近況報告を話され、合宿所(二次会)では、ゲームに参加されたり、宴会費の補填用に、と持参された生原稿のオークションに「原稿料より高い!」とヤジを飛ばし、参加者を笑わせた。
 座布団の上にゴロン、と一眠りをしたあと「ビールが無いぞ!」と言って騒ぎ、賑やかな時間でした。

 今、思い出しても懐かしく目に浮かびます。最高のぜいたくな時間を過ごすことができ、星新一先生。ありがとうございました。


2008年10月

バックナンバー
俵 万智
かんべむさし
堀 晃
小梶勝男
草上 仁

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松良明森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2017 The Hoshi Library