ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
長谷敏司「ユーモアの原点」

作家
 星新一は物書きとして永遠のあこがれである。


 文章を書くしごとをしていると、迷ったとき自分はどんな仕事をしたいのか先人にモデルを探すことがある。
 というのも、文章を書くのは世界中の大半の人間ができることだからだ。 誰でもできることを職業にしているから、参考にするモデルはいくらでもある。
 ただ、裾野が広いせいで要求される水準も高い。 毎日書かないと仕事に使えない質のものができてしまったり、本人にもわからない理由で調子に波がついたりする。 そして、そうして困ったときには、やはり他の人の文章を読むのだ。
 それでも、読むたびにとてもこんなふうには書けないとうならせるかたがいる。 星新一は、自分の中ではとても高いところにおられるあこがれだ。


 星新一といえばもちろんショートショートである。 けれど、最近ネットで著作リストを見て思い出したのだが、わたしの星作品との出会いは小説ではなかった。
 十歳にならないくらいの頃、よく図書館で本を読んでいた。 お金のかからない時間つぶしだったからだ。
 子どものことだから一番の目当ては漫画だ。 こども室の漫画はさっさと読み尽くしてしまっていて、当時はおとな室のものを漁っていた。 けれど、図書館おきまりの横山光輝版三国志などは途中が歯抜けになっているし、それでは読んでも話がわからない。 そんなときコーナーの片隅にあった本を手に取り、おとなっぽい世界に触れておおいに興奮したのである。
 それが『進化した猿たち』との出会いだった。


 『進化した猿たち』は、アメリカの一コマ漫画を題材に、星新一がユーモアを交えて掲載漫画に解説を入れたエッセイである。 ミステリ・マガジンに連載されたものだけに、最初のセクションタイトルは「死刑を楽しく」だ。 星さんは本当に厳しい題材を選ばれる。


 最近、何十年ぶりかで記憶を掘り返す機会があり、いても立ってもいられず懐かしい本を入手した。
 いま読むと、掲載された漫画は社会や状況が変わってしまってニュアンスが伝わりづらくなっている部分がある。 けれど、やはり解題してユーモアで見せる星新一の手つきは見事だ。時代と離れてしまってもクスリと笑える。 こころの深いところで泡が弾けるように、ずっと忘れていた子どものころが懐かしさとともによみがえった。
 けれど、いまだからこそ思うこともある。 激しい題材をユーモアでやわらげるその手さばきこそ、たぶんわたしがあこがれ続けているものだった。 深刻になる前にさらりと話を切り上げてしまうテンポのよさは、一コマ漫画とどこか似ている。 星新一のユーモアは、案外ここからきているのではないかと、いまにして創作のひみつを覗いた気になるほどである。


 深刻なものや激しいもの恐ろしいものをユーモアでくるみこむことは、まだ子どもだったわたしにとって、おとなのすごさに見えた。
 そうして、おとなになってもそうできない自分を顧みてしまう。いまもユーモアで人生の厳しさをやわらげて次へつなげるちからに、あこがれ続けている。
 たぶん、わたしにとってこれが物語の原風景のひとつなのだ。


 原風景といえば、蛇足ながらもうひとつ思い出したことがある。 なぜか漫画コーナーに星新一の本が置いてあることがあって、それでショートショートを読みはじめたのだ。 そして、題材を激しいまま扱う本が多いおとな室から、自分が読める小説を読みはじめ、気がつけばその果てに小説家になっていた。
 げんだいの図書館員のかたがたも、きっとこっそり漫画コーナーに星新一を混ぜておくとよろしい。


2015年4月

バックナンバー
俵 万智
かんべむさし
堀 晃小野純一
小梶勝男高梨通夫
草上 仁佐藤 実

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松良明森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2017 The Hoshi Library