ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
浦沢直樹「星新一と私」
漫画家
「もしもし、ホシと申しますが、お母様いらっしゃいますか?」
「あ、いえ...今、母は出かけています」
「そうですか。では電話があったこと、お伝え下さい」
「はい。あ、失礼ですが、もう一度お名前を...」
「ホシです。ホシシンイチです」
(クククッ...すごい同姓同名だ)

少しして母が帰宅。

「さっき電話があったよ。ホシって人から」
「ああ、同窓会の件だわ」
「それがさ、ホシシンイチだってさ。あの星新一と同姓同名だよ」
「ああ、そういえば○○さんの住所、問い合わせたの、有名な小説家さんとか言ってたわ」
「......!?」
(本物だった!?)


30年以上前の話である。

そう、どうやら私はあの星新一さんとじかにお話したことがあるらしいのだ。らしいというのは何故かというと、今になって母にその時の事を聞くと、

「えーと確か、私が同窓会の幹事をしていて、奥さまか、妹さんか...住所を調べていて、それでえーと...」
「じゃあ、なんでご主人かお兄さんの星新一さんがウチに電話してくるのさ」
「そう言えばそうね...ウーン...」

いつも肝心なこととなると記憶が曖昧な母であった。


しかし、この話、実に星新一さんのあの感じがする話だとおもいませんか。突然電話がかかってきて、では失礼しましたときってしまった男性。その名もホシシンイチ。

夢のようでいて現実的。クールなようで人間的。つかみどころのないクスクス笑いのようなあの感じ。


私は16才の時、大好きな星新一さんの小説「来訪者」を漫画化しました。(現在それは「PLUTO」第4巻豪華版付録として読んでいただくことができます。)そんな私ですから、星新一さんと電話でお話ししたなんて、もし事実だとしたら狂喜乱舞するところです。でもこのボワーンとした夢のような不思議な感じ...。


だけど、いまも私の耳にはっきりと残っているのです。


「もしもし、ホシと申しますが...」


2009年8月

バックナンバー
俵 万智
かんべむさし
堀 晃
小梶勝男
草上 仁

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松良明森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2017 The Hoshi Library