ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
「20歳の夏」高井 信
作家
 ショートショートという魅力的な小説ジャンルと出会って、40年近く経ちました。
 つくづく思うのは、星新一という存在の大きさです。星さんが亡くなられて12年になりますが、その存在感は、私のなかで薄れることはありません。特にショートショートの研究を始めて以降、日増しに大きくなっていくのを感じています。

 1978年7月21日(金)  
 この日、私は初めて星さんとお会いしました。翌日から2日間にわたって、星さんを囲むファンの集いが催されることになっていて、その前夜祭が行なわれる会場(名古屋観光会館)でした。
 前夜祭に参加したファンは20数名だったでしょうか。夕刻、待ちわびる私たちファンの前に星さんが姿を現わした途端、大きな拍手が自然と沸き起こりました。
 星さんの第一声は「矢野さんは来られないようですな。平井さんが来るとか、電話をもらった」  これが、私が初めて聞いた星さんの肉声です。。
 しばらく歓談したのち、私を含めた10名ほどは、星さんとビアガーデン(名古屋の丸栄スカイル屋上)に行くことになりました。初めてお会いした日に一緒にビールを飲む。  なんという幸せなのでしょう。ほろ酔い気分になった星さんの話の面白いこと。感動と言うしかありません。
 翌年に催された2回目のファンの集いでは、私は主催者側に回りました。打ち合わせなどで、星さんのお宅に何度もお邪魔し......。さらに作家としてデビューしたあとには、さまざまな場所で星さんとお会いする機会を得ます。
 しかし、やはりあの日  1978年7月21日のビアガーデンは忘れられません。
 私、20歳の夏でした。


2010年3月

バックナンバー
 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2022 The Hoshi Library