ENGLISH 作品一覧 プロフィール お問い合わせ先 よせがき ごあいさつ
星新一タイトル画像
サイト内検索 by Google

LATEST NEWS

 
2019.07.18
書評サイトのシミルボンで連載中《日本SF作家クラブ通信》の最新記事は、井上雅彦さんの「ショートショートのことなど」です。星新一との作品を通したキャッチボールのお話や、星新一ショートショートコンテスト出身作家の紹介ほか、星新一に関したエピソードが書かれています。
2019.07.07
7月27日より高松市の菊池寛記念館で開催される〈文学の怖い絵展〉にて、「あれ」の挿絵原画が展示されます。汐文社『文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション 霊』(東雅夫・編)に収録されている、金井田英津子さんによる版画2点です。
2019.07.06
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、豊田有恒氏夫人の豊田久子さんです。
2019.07.05
本年1月に、中国の安徽少年児童出版より刊行になったSF短編集《星新一 少年科幻》シリーズは、全巻重版となりました。『夢の都市』『感情テレビ』『ようこそ地球さん』『きまぐれロボット』『妄想銀行』の5巻です。
2019.07.04
7月28日、さいたま市で開催の日本SF大会〈彩こん〉において、第5回日経「星新一賞」グランプリの八島游舷さんのトークイベントがあります。受賞作「Final Anchors」の自作解説、ミニSF哲学カフェなど。
2019.07.02
新潮文庫の100冊 2019〉に、今年は『午後の恐竜』が選ばれました。緑のプレミアムカバーです。
全8冊の限定プレミアムカバーセット(江戸川乱歩、川端康成、太宰治、夏目漱石、星新一、三島由紀夫、J.D. サリンジャー、サマセット・モーム)は、新潮オンラインショップで販売中。
2019.06.30
ダ・ヴィンチニュースに、夢枕獏さんの星新一賞審査員インタビュー「たった一駅のあいだでも楽しむことができる」が掲載されました。まとめページは、こちら
2019.06.25
9月7日と8日、世田谷文学館にて、小中学生むけのワークショップ「だれでも小説家 〜ショートショートを書こう〜」が開催されます。講師は荒居蘭さん。参加者は、ワークショップで書いた小説を星新一賞(9月30日締切)のジュニア部門に応募することもでき、希望者には16日に補講もあります。
2019.06.24
世田谷文学館にて、10月12日から小松左京展が開催されます。日本SF作家第1世代の同志として、執筆中の夜中に電話をかけあう親友として、常にお互いの1番の理解者であった小松左京さんと星新一。本展では、ふたりの親交のわかる展示も企画中です。
2019.06.23
1972年刊の角川文庫『きまぐれロボット』(2006年改版・新装)は、今回の増刷をもちまして、累計部数が245万部となりました。
2019.06.20
7月7日、江東区の深川神明宮ホールにて開催されるなごみ会の〈怖ぁ〜い噺はお好き?〉にて、佐藤光生さんによる「おーい でてこーい」の朗読があります。
2019.06.20
成美堂出版より刊行の『スイスイ! ラクラク!! 読書感想文 小学5・6年生』のブックガイドにて、『きまぐれロボット』(理論社フォア文庫)が紹介されています。
2019.06.19
玉川学園創立90周年を記念して刊行されている《玉川百科 こども博物誌》シリーズの『ロボット未来の部屋』(大森隆司・編)で、『きまぐれロボット』が紹介されています。
2019.06.15
角川文庫〈カドフェス 2019〉の「心をつかむロングセラー」に『きまぐれロボット』が選ばれました。カドフェスは全国書店にて展開中です。
2019.06.14
全国の中学・高校で配布される新潮文庫の小冊子にて、星作品が紹介されています。『ボッコちゃん』が紹介されている『中学生に読んでほしい30冊 2019』と、『エヌ氏の遊園地』が紹介されている『高校生に読んでほしい50冊 2019』。各冊子の電子版は、それぞれの書名からリンクしているKindleストアにて無料でダウンロードができます。
2019.06.13
第7回日経「星新一賞」は、公式ウェブサイトにて応募作品を受付中です。しめきりは9月30日。一般・学生・ジュニアの各部門のグランプリ受賞者には、正賞としてホシヅルのトロフィー(右)が贈られます。各副賞については、公式ウェブサイトをご覧ください。
これまでの受賞作品の電子書籍は、hontoより無料でダウンロードできます。そして本サイトの星新一賞のページでは、ひきつづき、星新一からのアドバイスと、アイデアと文字数の参考例を公開中です。みなさまのご応募をお待ちしています。
2019.06.12
8月2日〜4日、下北沢の北沢タウンホールにて、T・ZONEによる朗読公演〈こんなはなし。〜星新一のはなし〜〉があります。上演ショートショートは、「宇宙からの客」「宇宙通信」「待機」「桃源郷」「天使考」の5話です。
2019.06.10
『星新一作品 登場人物索引』についてを公開しました。
2019.06.09
学校図書の教育情報誌「TEADA」25号にて、「服を着たゾウ」収録の教科書『みんなと学ぶ 小学校国語 六年下』(2020年4月使用開始)が紹介されています。学校図書サイト掲載のPDF版は、こちら
2019.06.08
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、星新一の甥で、金融機関顧問の星治さんです。
2019.06.04
6月20日に、新宿の喫茶ローレルで開催される、猫がテーマの物語を集めた朗読会〈STORY BOX vol.20〉にて「ネコ」の朗読があります。
2019.06.03
東京芸術劇場にて上演された、韓国国立劇団の〈ボッコちゃん 〜 星新一ショートショートセレクション〉は、連日満席にて、全公演を終了いたしました。→本公演の特設ウェブサイトも6月30日に終了。
2019.06.03
本日の中日新聞の朝刊コラム「中日春秋」にて、「装置の時代」が紹介されました。「装置の時代」は、新潮文庫『盗賊会社』に収録されています。
2019.05.26
6月4日、札幌市のブックカフェ ラボラトリー・ハコにて、ヨミガタリスト まっつさんによる朗読会〈星新一 ショートショートの夜〉が開催されます。朗読作品は、「ボッコちゃん」「おーい でてこーい」「刑事と称する男」、そして当日発表のリクエスト投票作品の4話です。
2019.05.25
Amazon POD(オンデマンド)で発売となった『YOUCHAN イラストレーション集成 1998-2018』に、世田谷文学館〈どこでも文学館 SF入門 星新一〉のバナー、『きまぐれ星からの伝言』の書影ほか、星新一関連のイラスト22点が収録されています。
2019.05.25
東京芸術劇場〈ボッコちゃん 〜 星新一ショートショートセレクション〉公式サイトに、5月13日に豊島区の「子どもスキップ豊成」でおこなわれた、藤崎慎吾さんによる創作講座のリポートが掲載されました。→日経「星新一賞」公式ウェブサイトのトピックスにも掲載。
2019.05.24
第7回日経「星新一賞」の開催が本日の日経新聞で告知され、公式サイトの内容も更新されました。応募受付開始は6月1日。しめきりは9月30日です。
2019.05.22
ホシヅル図書館のショートショートリストと教科書リストを更新しました。また、新しく長編リストを公開しました。長編、中編、伝記など、ショートショート以外の作品のリストです。
2019.05.21
9月28日、朝日カルチャーセンター新宿教室にて、今野寿美さんの《シリーズ歌集を読む》の講座〈鷗外の妹・小金井喜美子の『泡沫の歌』を読む〉があります。本講座は、『森鷗外』著者の今野寿美さんと、『泡沫の歌』編者の星マリナの対談形式の公開講座です。小金井喜美子の和歌が、星新一のショートショートにあたえた影響についても検証します。
2019.05.18
5月26日、関西大学の高槻キャンパス祭にて、演劇サークル劇団万絵巻による〈心 星新一ショートショート6選〉の公演があります。演目は「ボッコちゃん」「なるほど」「アフターサービス」「鍵」「四で割って」「殉教」です。
2019.05.14
8月23日、NHKエンタープライズより、DVD「空中都市008 竹田人形座の世界」が新価格で再発売となります。半世紀前に放送された星新一、手塚治虫、小松左京原作のNHK人形劇が、それぞれ1話ずつ収録されています。収録回は以下。
星新一原作「宇宙船シリカ」1961年3月17日放送 第123回「イクチオザウルスの最後」
手塚治虫原作「銀河少年隊」1964年9月17日放送 第67回「月の廃墟」
小松左京原作「空中都市008」1970年1月1日放送「北極圏SOS」







 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

© 2008 - 2019 The Hoshi Library