ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
田中千恵子「星新一さんの思い出」

戸越銀座商店街 明昭館書店
 明昭館書店は、商店街の中の典型的な昭和の本屋です。 今と違って観光客はほとんどいなくて、地元の方ばかりでした。 星さんもその中のお一人で、よく来店されていました。

 当時、店の前にパン屋さんがあり、星さんはそこで食パンを買われ(何気に買うところが見えたのです)、そのあと店に寄られることもありました。 新しく注文される本のメモを渡されたり、前に注文された本を受け取られたりしていました。

 物静かでゆったりした方で、ある時注文された本がヨーロッパの翻訳物で(多分、怪奇物語だったかと)とても厚かったので、「読み応えのある面白そうな本ですね」とお声掛けしましたら、ご自身の創作に触れて、「これでなかなか大変で。ひねり出して書いたものを読者はすぐ読んでしまうので、次を考えるのが大変だ」とおっしゃっていたのが印象的でした。

 商店街や店でのやり取りの中で色々観察されているようで、ペンをお貸ししたこともあります。 優しい方で、気軽に色紙にサインしていただいたこと、お客様が買った本を預かってサインをお願いしたこともあります。

 先日、中学生らしき男の子が『ボンボンと悪夢』を買いましたので、嬉しくなり、「星新一さんは、戸越台中学の前の石垣の上に住んでいたのよ」と話しましたら、「えーっ」と驚き、嬉しそうに、何冊目かで面白いからと言って帰って行きました。

 はやぶさ2がリュウグウまで行く時代です。 現実が星先生のSFに近づいて、読者がますます読んでくれれば、我が明昭館書店がある限り、ご縁が続くことでしょう。


2018年8月

バックナンバー
 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2022 The Hoshi Library